Top >  問題行動のしつけ >  子犬時に多い、甘噛み

子犬時に多い、甘噛み

ここでは、子犬時に多い甘噛みをやめさせるしつけ法をお伝えします


初めて子犬を飼った方は、どうしたら止めてくれるか?

と、悩んでいる人が多いと思います。


ところで、甘噛みとは何でしょうか?

普通に噛むのと何が違うのでしょう?


甘噛みとは、子犬の時期に『噛む』という行動のことを指します

特に人間の指や足を噛んだりします。


これには歯が痒いためという原因があります


子犬の時期は、歯が生え始めているので

歯が痒くなってしまうんですね。


それで、子犬は人の指などを噛んで、

痒いのを紛らわせようとします


基本的には、子犬の時期だけなので

あまり考えすぎることではありませんが、

どうしても止めさせたいという方は、以下の方法を試してみてください。


まず、遊び中に噛んで来たときは、すぐに遊びを止めます。

噛むことを止めるまで、ちょっと可愛そうですが無視をします。


噛むことを止めたら、また遊んであげてください

その繰り返しで、『噛んだら遊んでもらえない』のだと

教えてあげてください。


ですが、子犬の時期は歯が痒いのが普通なので

あまり考えすぎないでくださいね。

また、噛まなくさせても成長に影響はありません

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【しつけで困っている多くの飼い主が見ている人気ページです】


噛む癖をやめさせたい場合はこちら

犬の行動から気持ちを理解したい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

問題行動のしつけ

犬の問題行動は、他人に迷惑や被害を与えることもあり、
危険が伴ってくる場合があります。少しでも改善出来るように解説します。

問題行動は、犬の社会にとっても重要なことです。
そして、抱えている問題の中には、危険な物もあり、
早く改善しなくてはならないものもあります。

例えば、人が嫌いで人に噛み付くなんてことは、
1日も早く止めさせたいですよね。

でも、実際はどうやって止めさせたらいいの?
と悩んでいる方は、多いです。

犬との暮らしをよく楽しいものにするために、
一緒に見直して行きましょう。

関連エントリー

飛びつきグセ
危険な拾い食い
他の犬と仲良く出来ない
子犬時に多い、甘噛み
犬の問題行動の原因は?
飼い主を噛む犬
雷を怖がる




信頼関係を築ける犬のしつけ方メールセミナー 犬の飼育暦15年&動物愛護スタッフが教える【信頼関係を築ける犬のしつけ方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録