Top >  問題行動のしつけ >  危険な拾い食い

危険な拾い食い

ここでは危険な拾い食いの防止方法についてお伝えします


拾い食いは、口に入れた物によって、

命に関わることもあります。特に気をつけましょう


ではどうすれば、拾い食いを止めさせることが出来るのでしょうか?


まず、家の中での拾い食いについてです

例えば、輪ゴムやアクセサリーなどですね


『床に置いていたら、知らない間に食べてしまった!!』

という話をよく聞きます。

最悪の場合、腸閉塞になり手術が必要になることもあります


では、室内での拾い食いをやめさせる方法はどうすればいいのでしょうか??


ズバリ!

飼い主が床などに物を置かないようにすることです!

当たり前なのですが、これが一番の解決方法になります。


人間の赤ちゃんと一緒ですね。

細心の注意を払って物はおきましょう


今度は、外での拾い食いについてです


実は最近、悪質な事件が多く、散歩中にソーセージのようなものを食べたら、

痙攣を起こして死んでしまったと言う話をよく聞きます。


悲しいことに、ソーセージには農薬などの毒物

塗りつけられていて、死に至ってしまったそうです。


このように、最近は毒物が身近に落ちいてることがあり、

犬を守るためには、散歩中の拾い食いは絶対にやめさせなければいけません


そこで解決策なのですが、

結局は飼い主が見ていることが一番の解決方法となります


地面を常に見て、何か口に入れてしまいそうなものが

落ちていないか注意して見てください。


そして、何かを口に入れそうになったときは、

「ダメ!」と言い、リードを少し引っ張ってあげましょう


このとき、まだ興味を持っているようであれば、

もう1度「ダメ」と言ってください


そして、諦めて通り過ぎようとした場合は

「よし」と言って必ず褒めてあげてください


それを何回も、繰り返していきます。

そうすると自然と落ちているものに視線を向けなくなり

拾い食いもしなくなります。


拾い食いは、とても危険です。

安全な散歩をするためにも、気を付けてあげてください

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【しつけで困っている多くの飼い主が見ている人気ページです】


噛む癖をやめさせたい場合はこちら

犬の行動から気持ちを理解したい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

問題行動のしつけ

犬の問題行動は、他人に迷惑や被害を与えることもあり、
危険が伴ってくる場合があります。少しでも改善出来るように解説します。

問題行動は、犬の社会にとっても重要なことです。
そして、抱えている問題の中には、危険な物もあり、
早く改善しなくてはならないものもあります。

例えば、人が嫌いで人に噛み付くなんてことは、
1日も早く止めさせたいですよね。

でも、実際はどうやって止めさせたらいいの?
と悩んでいる方は、多いです。

犬との暮らしをよく楽しいものにするために、
一緒に見直して行きましょう。

関連エントリー

飛びつきグセ
危険な拾い食い
他の犬と仲良く出来ない
子犬時に多い、甘噛み
犬の問題行動の原因は?
飼い主を噛む犬
雷を怖がる




信頼関係を築ける犬のしつけ方メールセミナー 犬の飼育暦15年&動物愛護スタッフが教える【信頼関係を築ける犬のしつけ方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録