Top >  犬のしつけ基本編 >  待てを教えてみましょう

待てを教えてみましょう

では次に『待て』を覚えさせてみましょう!


待てを覚えさせるのに一番良い時間帯があります。

それは、いつだと思いますか?


分かった方も多いかと思います

答えは、ご飯の時間です

ご飯を上げる際に「待て」と言い、食べないようにさせます。


そして、少し時間がたったところで「よし」と言って食べさせます

最初は当然無反応ですが、

実はこの繰り返しを根気良く行うだけで覚えてくれるんです


ここでちょっと余談ですが、

『待て』など根気のいるしつけの際に一つ注意点があります


それは、

上手く出来なくても決して叱ったり、叩かないことです


どのしつけを覚えさせるにしても、すぐに覚えてくれることはありません

これは、どの犬種にも共通していることです

犬を飼った経験のある方ならご理解頂けると思います


しつけをすると、上手く出来ないことの方が多いです

でも、上手く出来なくても叱ったり、叩かないであげてください。


叩かれたり、叱られると、

どうしてもやる気が無くなってしまいます


「どうせ、上手く出来なかったら怒られるんだ。。。」

犬は逆の方向で覚えてしまいます。


そうではなく、上手く出来なくても、失敗しても、

「失敗は成功のもと」の精神で、

1つ1つ根気良くしつけを行ってください


そして、成功したときは必ず褒めちぎってあげること

そうすることで、飼い主から褒められることを喜び、

お手やお座りをする喜びを覚えてくれます


飼い主さんも試行錯誤で気苦労が多いと思いますが、

気長にゆっくりやりましょうね!

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【しつけで困っている多くの飼い主が見ている人気ページです】


噛む癖をやめさせたい場合はこちら

犬の行動から気持ちを理解したい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

犬のしつけ基本編

最近は、しつけが出来ずに困っているという飼い主が
多く見受けられるようになりました。
ここでは、基本的なしつけから問題行動まで、
今更誰にも聞けないことまで、解説していきますね。

関連エントリー

犬のしつけの注意点とは?
お座りを教えてみましょう
お手とおかわりを教えましょう
伏せを教えてみましょう
待てを教えてみましょう
犬のしつけ時期




信頼関係を築ける犬のしつけ方メールセミナー 犬の飼育暦15年&動物愛護スタッフが教える【信頼関係を築ける犬のしつけ方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録