Top >  犬のしつけ基本編 >  伏せを教えてみましょう

伏せを教えてみましょう

それでは次は『伏せ』のしつけ方法をお伝えします

少しずつレベルが上がっていきますが、順序立てて行えば

簡単ですので安心してくださいね


また、伏せも、お手やおかわりと同様に

お座りが出来てから行ってください

お座りをしっかりマスターしてから、チャレンジしてくださいね。


では、本題です


まず、お座りをさせてください

そして、いつものように

きちんと出来たら、オヤツを上げてください


で、ここからですが、

今度は、新しいオヤツを右手に持ってください


そして、次にその手を床に付くぐらいの低い位置まで移動させます

すると、自然と犬の鼻先が下がって、伏せの状態になります


そして、ここで上手くしつけるためのポイントなのですが、

はじめのうちは、伏せをしてから『伏せ!』と言ってあげましょう


逆だと思われたかもしれませんが

そうすることで、この体勢が伏せなんだと覚えます


伏せについては、しつけが難しいとも言われていますが

この方法でやってみると意外に簡単に出来るケースがほとんどです


どんどんチャレンジしてくださいね

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【しつけで困っている多くの飼い主が見ている人気ページです】


噛む癖をやめさせたい場合はこちら

犬の行動から気持ちを理解したい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

犬のしつけ基本編

最近は、しつけが出来ずに困っているという飼い主が
多く見受けられるようになりました。
ここでは、基本的なしつけから問題行動まで、
今更誰にも聞けないことまで、解説していきますね。

関連エントリー

犬のしつけの注意点とは?
お座りを教えてみましょう
お手とおかわりを教えましょう
伏せを教えてみましょう
待てを教えてみましょう
犬のしつけ時期




信頼関係を築ける犬のしつけ方メールセミナー 犬の飼育暦15年&動物愛護スタッフが教える【信頼関係を築ける犬のしつけ方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録