Top >  犬のしつけ基本編 >  お手とおかわりを教えましょう

お手とおかわりを教えましょう

お座りが出来たら次のステップ!

お手』と『おかわり』を教えましょう!!


生活をする上では、あまり必要無いのですが、(^^;)

これから覚えるしつけの基本となります

しっかりマスターしましょうね


それではまず、犬を自分の正面に座らせましょう

と、ここで再度お伝えしますが、

必ずお座りが出来てからお手に取り組んでくださいね


お座りが出来ていないうちに新しいことを始めてしまうと、

混乱してしまい、ほかのしつけも中途半端に覚えてしまうからです

少しずつ焦らずやっていきましょう!


では、本題です(^^)


まず、自分の正面に座らせて、犬を落ち着かせてください

次に、犬の右手を持ち上げて「お手」と言います。

(左手だとおかわりですね)


このとき、はっきりと「お手」と発音してください

発音が曖昧だと、他のしつけと混乱してしまいます

気をつけましょう!


そして、言い終わったら、オヤツを与えて褒めてください(^^)


これを根気よく繰り返します


単純なのですが、犬の心理では

「手を上げればオヤツが貰えて、褒められるんだ!」

と徐々に認識していきます


またここで注意点ですが、1日に一気にやるのではなく、

数日に分けて少しずつやっていきましょう


それと、きちんと出来るまで毎日やらないと

いきなり忘れてしまう犬もいます。気をつけてくださいね(^^;)


忘れてしまったら、また最初から教えることになってしまいます

犬も飼い主も大変です。きちんと習慣付けるようにしましょう!


おかわりもお手と同様の方法ですね

根気強く頑張りましょう!

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【しつけで困っている多くの飼い主が見ている人気ページです】


噛む癖をやめさせたい場合はこちら

犬の行動から気持ちを理解したい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

犬のしつけ基本編

最近は、しつけが出来ずに困っているという飼い主が
多く見受けられるようになりました。
ここでは、基本的なしつけから問題行動まで、
今更誰にも聞けないことまで、解説していきますね。

関連エントリー

犬のしつけの注意点とは?
お座りを教えてみましょう
お手とおかわりを教えましょう
伏せを教えてみましょう
待てを教えてみましょう
犬のしつけ時期




信頼関係を築ける犬のしつけ方メールセミナー 犬の飼育暦15年&動物愛護スタッフが教える【信頼関係を築ける犬のしつけ方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録