Top >  犬のしつけ基本編 >  お座りを教えてみましょう

お座りを教えてみましょう

ではまず、しつけの基本。

お座り』を覚えさせる方法からお伝えします


散歩のときにも、役に立つので一番最初に教えましょう

お座りがしつけの一番の基本にもなります


ただ、お座りは簡単だと考えて、

飼い主も適当な方法でしつけてしまい、

あとあと困ってしまうというケースが多々あります


一番簡単だからこそ、一番重要なしつけです!

お座りが出来なければ、お手伏せも出来ませんからね(^^;)

しっかりマスターさせましょう(^^)


では、お座りのしつけ方法です


まず『オヤツ』を用意してください。

出来れば、ササミやジャーキーなど

あなたの愛犬の大好物にしてあげてくださいね。


まず、オヤツを右手に持って犬の鼻に近づけます。

そして、オヤツを持った右手をゆっくりと上下左右に動かします。


このときのポイントは、犬がオヤツを持っている右手を

『目』で追わせてあげることです

なので、出来るだけゆっくり動かしてあげてください


そして、オヤツが手の中にあるよということを覚えさせます。


これを、数分行った後、オヤツを持った右手を犬の背より上に上げます

そうすると、自然と犬の視線が上に向き腰が降ります

すると。。。そう!これがお座りの状態です


「そう簡単に出来ないよ!」という方は、根気よく毎日続けてください。

まずは、手の中=オヤツがあるということを覚えさせましょう


これは、お座り以外のしつけでも応用させていきます

しっかり行ってくださいね


あと、付け加えですが、たとえ「お座り」が出来なくても

何回もしつこく「お座り!」と言わないようにしましょう(^^;)


何回も言ってしまうと、犬も混乱してしまいます。


「お座り」を1回言ったら、少し時間をあげてください

「お座りって何だっけ?」と考えさせる時間も必要だからです


何回か繰り返していると「お座りって、お尻を下げることなんだ!」と

思い出してくれます。


そして、お座りが上手く出来たら

大げさにたくさん褒めてあげてくださいね(^^)


人間もですが、褒められると頑張ろうという気持ちになります

その心理を利用して、うまく出来たら思いっきり褒めてあげてください

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【しつけで困っている多くの飼い主が見ている人気ページです】


噛む癖をやめさせたい場合はこちら

犬の行動から気持ちを理解したい場合はこちら

犬の保険をチェックしたい場合はこちら





         

犬のしつけ基本編

最近は、しつけが出来ずに困っているという飼い主が
多く見受けられるようになりました。
ここでは、基本的なしつけから問題行動まで、
今更誰にも聞けないことまで、解説していきますね。

関連エントリー

犬のしつけの注意点とは?
お座りを教えてみましょう
お手とおかわりを教えましょう
伏せを教えてみましょう
待てを教えてみましょう
犬のしつけ時期




信頼関係を築ける犬のしつけ方メールセミナー 犬の飼育暦15年&動物愛護スタッフが教える【信頼関係を築ける犬のしつけ方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録